2013年8月 9日 (金)

びわ湖花火大会 2013

8月8日 びわ湖花火大会に行ってきました。

Dvc00216

↑これは携帯から。

夕方、緊急地震速報が携帯に入る。奈良県で強い揺れ!

来るぞ!くるぞ!・・・来ない・・・。

誤報だったらしい、良かった。でも後でえらい目にあいました。

さあ、行こうか、という時に雨が降ってきた。気持ち萎えるなあ。

京都駅まで車で行く予定だったので、京都駅で雨が降っていたら諦めようと。

京都駅、小雨。ま、大丈夫でしょう、ということで電車に乗る。

ここから。地震誤報によるダイヤの大混乱。

15分くらいの遅れで電車が来るのは仕方ないが、乗った電車が徐行・信号待ちの繰り返しで普段の3倍くらい時間かかっていた。

気分悪くなる人が出たり、子供がぐずったり。

あっという間に着くはずの大津駅にやっと到着!

大津駅からびわ湖まで歩きつつ花火を眺める。

大感動!!

久しぶりに見た生の花火。こんなきれいだったのかあ~。

忘れていたなあ。この迫力。

画像では伝わらないと思いつつやっぱり撮らずにはいられない。

画像、しょぼいですが一応アップ。

携帯画像から。

Dvc00195

Dvc00213

Dvc00218

デジカメから。

130808biwako1

130808biwako3

130808biwako4

結局、撮るのは止めて魅入ってました。

湖上の花火が見たかったけれど、有料なのか混んでるのか、湖のそばまで行けませんでした。

フィナーレは空が白くなるほどの花火が炸裂。

早めに駅の方へ歩いてたので振り返り振り返り見てました。

とても画像撮る余裕はない。

ちょっと心残りな部分は来年に、きちんとリサーチしてから行くことにしよ~♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年8月31日 (金)

夏が終わる

ああ・・・やっと夏が終わる。

気持ち的にね、明日から9月だと思うと涼しくなるような気がする。

子供のころは夏休みの宿題が出来てなくて、夏休みが終わる淋しさとともに恐怖の8月31日だったけど。

大人になるのもいいもんだ♪(違)

しかし特に楽しいこともなく今年の夏も過ぎていく。

この年齢になると何もなかったのが幸せと言うか・・・。(^^;

突然ですが、8月13日に行った下鴨神社の古本まつりの画像を貼っておく。

くら~~~っっとするほどの暑い日でしたが、下鴨神社のそばに来るとす~~っと涼しい風が感じられる。
おっ、森はいいなあ~。

地元のおばちゃん2人が「暑いですね~」と会話してるところを・・・

「え?ここ涼しいですよ」と、つい話に分け入ったりして。(*^▽^*)

古本まつりは森見登美彦氏の小説によく出てきます。

小説の中には怪しげな書店があるはずなんだけどなあ・・・なかった。当たり前。

Imgp2445

Imgp2432

Imgp2438

Imgp2440

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

お精霊迎え

妙心寺のお精霊迎え(おしょうらいむかえ)に行ってきました。

8月9日~10日

夜は灯篭に火が入りきれいです。でも人が多い。

日中の暑~~い時間帯に行ってきました。(^^;

妙心寺 北門入り口。

1108091

1108092

広い境内をてくてく、あっつぅ~~coldsweats02

1108093

お塔婆を書いてもらって法堂で読み上げてもらいます。

1108095

1108096

1108097

迎え鐘、3回撞きます。

1108098

さて、母は帰ってこれたのでしょうか。だらだらしてると叱られそうです。( ̄▽ ̄)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

花火

今日は亀岡の花火大会だったらしいけど、音はすれど姿は見えず、山際が明るくなってるし非常に気になるのねえ~。

花火は大好き。描くのはもっと好き♪

ってことで、PCお絵描き大公開。

PCお絵描きをはじめた2002年から2011年まで。

2002年 お絵描き板で描き始めた頃、使い方がよく分からず、とにかく何か描いてみる・・・。かなりへたくそです。

しぃ板

Photo_8   

Poo板

Photo_3

 

2003年 しぃ板で描いたキューピー&花火

Kyupi_2 

2003年 お絵描き板で描いた線香花火

Photo_6

2003年 お絵描き板で描いた打ち上げ花火

2 

2004年 フォトショップで描いた花火

Photo

2006年 イラストレーターで描いた花火

060730hanabi

2006年 イラストレーターで描いた花火

060421hanabi_2

2008年 イラストレーターで描いた花火

リアルでもない、デザインでもない中途半端です。

080724hanabi

2011年 イラストレーターで描いた花火

かなり花火らしく描けたと自画自賛しております。(笑)

110728hanabi2   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

夏は過ぎ行く・・・

京都の夏は祇園祭に始まり、大文字送り火で終わる・・・と、昔は言っていたような気がするが、お盆過ぎたからと言って涼しくなるもんか!

でも気分的に「夏は終わったなあ・・・」と感傷にふけったものでした。

子供の頃は夏が大好きだった。長い学校休みに加えて楽しい行事が盛りだくさんだったから。

大文字送り火の時期になると、そろそろ夏(夏休み)も終わりと実感する。

夏休みの宿題溜まってるのは毎年のこと、淋しさと心細さが一度に襲ってくる。

それにしても子供の頃は毎年送り火の「大」の字を間近に見られて幸せだった。

たくさんのご先祖様があの送り火で帰っていかはるのやで。

そう教えられ大迫力の大の字を眺めると、壮大な世界に吸い込まれ、火が消えてふっと我に返る。

Cocolog_oekaki_2010_08_16_23_09

Cocolog_oekaki_2010_08_16_23_23

今年も夏が過ぎる。今は秋が来るのが楽しみで~。

夏といってもどこへも遊びに行くあてもないし、遊びに行く元気も出ない。

夏と聞くとワクワクした若い頃が懐かしい・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

カブトムシが・・・

カブトムシが死んでいた。かなり大きい。

早くもアリが後始末をし始めていて、写真を撮るのはちょっと・・・あまりいい画像にならないので止めたが、生きていた頃はさぞかし立派だったと思われる。

気持ちが引っかかったのは、こんな大きなカブトムシがいるんだ~、という事実。

何年か前、山師さんが「木にハチミツ塗っておいたら、朝にはカブトムシがいっぱい来てるで」と言っていたことがある。

カブトムシにはお目にかかりたいが、ハチミツなんて庭に置いといたら害虫までやって来てえらいことになりそうなので止めた。

カブトムシが欲しい~!と駄々をこねる子供もいないし。

大きなカブトムシなら売れるんかな?などと、つい不埒なこと考えてしまったり(笑)

カブトムシがいる、ということだけで楽しめていい♪

しかし、ぶどう畑を荒らすんですねえ。カブトムシは悪役になってほしくない。

Cocolog_oekaki_2009_08_18_23_43

一歩間違えれば、ゴ・・・になってしまうな。(笑)

いや~難しいカブトムシ。

コピーツールや部分移動ツールのない、下手くその誤魔化しのきかないお絵描きツールなんだなあ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

似たもの同士

我が家の扇風機3台うちの1台はかなり古い。タイマーがアナログ。ダイヤルで細かい設定が出来るのは好きだけど、時々作動してるのかどうか心配になるほどレトロ。

この扇風機、鈍いんだなあ。
スイッチ入れて3秒くらいしてからおもむろに羽根が回る。

それでも回らない時はコツンと叩くとゆっくり回りだす。

何だか自分を見てるようなトロさが可愛い。

060713

扇風機余談。

小さい頃我が家にあった扇風機は、鉄で重いのがあった。色は黒。首振りは出来なかったように思う。

あのレトロさ加減。今、無性に会いたい気分。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年7月31日 (木)

納涼・上賀茂

時は7月26日。大安。暑~~い日。上賀茂神社に涼みに行ってきました。

境内にある木立の中の小さな川、きれいで浅くて冷たくて、ここに足をつけながらのんびりするのが好き。

子供たちは水着で遊んでます。お母さんたちも服が濡れるのもお構いなし。

そんな26日は、ちょうど消防署の消化訓練だったようで、合図とともに散水。

さらに涼しく気持ちよくなりました。

080726kamigamio_1_2

080726kamigamio_2_3 

080726kamigamio_3_2

26日は大安。結婚式もあった模様。着物の花嫁さんがチラッと見えました。

いくら大安と言っても、その日が都合良かったにしろ、この暑さ、屋外で着物はきついなあ。

私なんて超お気楽な服装していても暑さに負けそうです。

根性あるなあ。その根性で幸せになってください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

夏の思い出と親孝行

旅行好きの父のおかげで、小さい頃はよく1~2泊の小旅行に連れて行ってもらった。

その時の楽しかった話をすると目を細めて喜んでくれる。

「そんなことまで覚えてるのか」とかなり嬉しそう。

楽しかったのよ、ほんとに楽しくて毎年夏が来るのをワクワクして待っていた。

この感謝の気持ちは伝えておきたい。これも親孝行の一つ。

04naruto_uzu

思い出の一つ。

鳴門の渦潮を見に行ったことがある。

当然、まだ橋はない。観光船で渦潮を見に行く、と父が言った時「どうやって?」と思ったものだ。

観光船に乗った、どんどん渦潮に近づいていく・・・。ええ~?渦に飲み込まれるよ~。

父は平気な顔してニコニコと。

渦に乗ったのか?船が大揺れ。。。怖~~!大丈夫なん?

よく覚えてないけど、ワーワー言ってたのかも私。今度父に聞いてみよ。

でも面白かった♪

こういう子供にとってはビックリするようなことを何も説明せずに連れて行ってくれるのが父らしい。

いい思い出の一つ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

逃げ水

今日の新聞に「大阪に逃げ水が現れる」という記事と写真が載っていた。

ず~~っと昔20年くらい前、「逃げ水」の話を聞いて見たくて見たくてしょうがなかった。

そんなある日、北陸自動車道でついに見た!!真夏の暑い日、道路の前方に水溜りがある、しかしどんなに走っても追いつけない。ほんとに水に見える!感激だ~~♪

070817

それから一度も見てない。

逃げ水は暑い日のアスファルトに現れる幻の水。少し離れたところに見えて、水があると思って近寄ると逃げる。蜃気楼の一種だそうだ。

こんなに暑い毎日、車で買い物に行く日が多いけどお目にかからない。デジカメで撮影したいんだけどなあ。

蜃気楼・・・砂漠で あるはずのない水を追いかけて追いかけて、そして逃げていくオアシスを想像したら哀しくなるね。

というわけで想像図。

0708172

| | コメント (9) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧