« 新春・年賀状話 | トップページ | 通天閣の地下 »

2014年1月 8日 (水)

続・年賀状話

若い頃は年賀状大好き人間でした。

年賀状のエピソードをちょっと聞いてくださいな。

子供の頃油絵を習っていた。先生は日本画家のちょっと名の通った方。

その先生からの午年の年賀状に感動。躍動感あふれる馬の絵に見惚れてしまった。

プリンターのない時代、直描きプロの画家の年賀状、ずいぶん長い間大切に保存しておいたけれど、現在行方不明。

もう一度あの年賀状に会いたい。

父が現役の頃、数十枚・・・もっとかなあ・・・年賀状が届いていた。

ほとんどが印刷のお決まりの年賀状だったが、一枚だけピカッと光る年賀状があった。

版画で構図もおしゃれでウイットにも富んでいた。

素人がこんなカッコいい年賀状作成とは驚き。

毎年、その方からの年賀状は楽しみだった。

こんな楽しみにされるような年賀状を作りたいと思ったものだ。

そんな楽しみな年賀状がある反面、郵便局に置いてあるハンコを押しただけの年賀状・・・そんなの要らない・・・。

同居していた祖父が亡くなった年、不謹慎にも年賀状が出せなくてガッカリした。

そんなに年賀状好きだったんだなあ。単に絵が描きたかっただけかもしれないが。

 

プリントゴッコが出る前は、一枚一枚手描きでイラスト描いてたと思う。

プリントゴッコ出たときは嬉しかったなあ。いっぱい刷って出す人も増やしていたように思う。

そして家庭用プリンターの時代へ。

便利にきれいにお手軽に作成できる時代なのに、反比例して年賀状の興味がなくなっていった。

思えば自分が描いた絵を誰かに見て欲しかっただけかもしれない。

クリスマスカードも手作りして友達にあげたりしていたがきっと迷惑だったことでしょう。

年賀状なら自作イラストは喜んでもらえるので、自己満足、それで良かったんだなあ。

Cocolog_oekaki_2014_01_09_00_10

|

« 新春・年賀状話 | トップページ | 通天閣の地下 »

お正月」カテゴリの記事

コメント

日本画家の先生に絵を習っておられたのですね。
プロの画家からの年賀状なんてすごかったのでしょうね。
yayakoさんはずっと絵が好きだったのですね。
好きで書き続けてこられたからきれいな絵が描けるんですね。
私も絵を習ったことが少しあります。躍動感とか迫力に欠けていたみたいです。
弟も同じ先生にを習って褒めてもらったのですが上下逆さまでした。(^_^;)

投稿: ばあやん | 2014年1月 9日 (木) 07時48分

手描きの年賀状…私もプリントごっこ 以前に描いていました。
yayakoさんが知人に送った年賀状…感動して大事に保存している人もいると思います。

投稿: カズ公 | 2014年1月 9日 (木) 22時54分

ばあやん、おはようございます。
せっかく良い先生に習っていたのですが、油絵は油臭くてあまり好きになれなかったです。
先生の作品を見て、日本画いいなあ~と思ったのですが、膠を使うようで、これまためんどくさそうと思い気が向きませんでした。
PCお絵描きは私向きですね。絵の具の用意しなくていいから。(笑)

>弟も同じ先生にを習って褒めてもらったのですが上下逆さまでした。(^_^;)

先生は見る観点が違うのだと思います。
うちの先生も決まりきった構図は評価されず、私から見れば??な絵の友達の絵を評価してました。
私は平凡なんだな~とつくづく思いました。

投稿: yayako | 2014年1月10日 (金) 10時05分

カズ公さん、おはようございます。

そうでしょうね。カズ公さんなら手描きからプリントゴッコ経由されてると思いました。

でも現在のカズ公さんの年賀状はある意味手描きですよね。
水彩であんなに丁寧に描かれた年賀状は、ちょっと他にはないです。
今年の馬の放牧絵は、見ていて癒されました。
大切に保存しておきます。

投稿: yayako | 2014年1月10日 (金) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126647/58910099

この記事へのトラックバック一覧です: 続・年賀状話:

« 新春・年賀状話 | トップページ | 通天閣の地下 »